a0002_011455_m

引用元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1425021857/

 

オススメ記事


23: 本当にあった怖い名無し 2015/03/07(土) 01:33:46.22 ID:gAXHPe4mG
オチも何もない短い体験談だけど一つ

十年以上前、小学生くらいの頃に、両親と弟と一緒に旅行(長野の山の中だったと思う)に行った時のこと

車で山道を走っている途中、道路脇に奇妙な車が停まっているのを見つけたんだ
車自体はどこにでもありそうな乗用車なんだけど、それが二台、積み重なっていた
下の方の車は普通なんだけど、上の方の車は上下ひっくり返って、タイヤの方を上にした状態で、下の車の屋根の上に乗っかってたんだよ

変わった交通事故のように見えなくもないけど、奇妙なのは上の車にも下の車にも壊れたところが見当たらないってところだった
普通、乗用車が二台重なったら、少なくとも下の車は重みで潰れそうなものなのに、どっちの車も、車体には傷も歪みも見当たらないし、窓ガラス一枚割れていない
ミニカーを二台重ねたような感じで、本当に車がそのまんまの形で乗っかっていた

近くにはその車の持ち主っぽい人たちが2~3人(ちょっと困ったような感じで?)立っていたけど、自分たち家族は結局「何だあれ?」って反応だけして、ちょっとだけ見物するようにゆっくり走った後、その場は通り過ぎて行っちゃった

家族みんなで見たから見間違いってことはないと思う
でも、事故だとしたら車があんな風に乗っかるのは不自然だし、傷がついてないことの説明がつかない
何かの看板だったのかもと思ったけど、お店も家もないただの山道だったから、それはちょっと考えにくい

その車のことは通りすがっただけでそれっきりだから、後から確かめることもできず、不可解な印象だけが残る変な体験だった



24: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/03/07(土) 06:33:16.12 ID:kUbIGtlF0.net
初めて書くから文章ぐだぐだだけど、許して
3年くらい前に体験した不思議な話なんだけど
その不思議な体験が起きる一週間前に空き巣にはいられたんだわ
その日は平日で親は仕事、兄弟は学校、俺は学校休みだったから起きて昼飯買いに行ってる30分くらいの間に家の窓割られて入られてた
結局犯人も見つからんかったんで、窓に柵つけたり、戸締りはしっかりしようってことになったわけ
それから一週間後くらいの休日に起きた話
その日俺は昼頃に起きて、俺以外の家族は外出してたから1人で家にいたのね。
でトイレでう〇こしてたらトイレの前を通る足音がしたんだ
トイレの前に洗面所とお風呂があって、いつも誰かが帰ってきたらそこで手を洗うから俺は誰か帰ってきたなーなんて思いつつ、トイレから出るとリビングにもいないし、他の部屋にもいないし、お風呂にも入ってないから、また出ていったのかな?って思ってた

ちなみにトイレからでてお風呂見たときは半分ドアが空いてて、電気も消えてた(風呂は引き戸っていうのかな?ドアのぶとかついてなく、押したり引いたりして真ん中が折れるやつ)

まぁ気にせずにリビングでテレビ見てたら、いきなりお風呂場からバッシャーーンってありえないくらい大きな音がしたんだよ
慌ててお風呂場を見に行ってみると、さっき半分空いてたドアがきっちりしまってんだ
一週間前の空き巣の事もあったんで、その場でお風呂場見ながら俺は固まってたwww
多分10分くらい固まってたと思うwww
どうしたらいいかわからなくて、ずっとその間、お風呂場に話しかけてたwww
「だれかいるん」「許すからでてこい」
とか自分でも混乱しすぎてなに喋ってたかわからなかった

もうこのままじゃ拉致があかないと思って、ダッシュで玄関にバットを取りに行ったんだよ(往復10秒くらい)

で戻ってみると、またドアが半分空いてた

すぐにお風呂場の中確認したけど、窓は締まってるしもちろんだれもいなかった
家中の窓全部確認したけど、鍵も締まってた
家族に電話しても誰も家に帰ってなかった

あの足音は誰だったんだ?
百歩譲って風か何かでドアが締まったとしても、なんでまたドアが空くんだ?

っていう不思議な体験です。



29: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/03/07(土) 22:25:53.46 ID:Drbinm+30.net
不可解というかなんというか、個人的に少しゾッとした話。

私の故郷・K県にはU殺という心霊スポットがある。釣具屋の近くの……と言えば地元の人なら行ったことはなくても思い当たるであろう有名な場所。
オカルト好きとしては興味はあるが私はフィールドワーク派ではない(というか実際に幽霊なんて見たら立ち直れない)ので、ならばとネット上の情報を漁ることにした。


まずはU殺の凸レポートを検索してみる。古いもので2002年(適当)のもの。
至って普通のレポート。特におかしな点はない。
その次に、心霊スポットとなるならば成り立ちがあるはずだと思い調べてみた。
噂、新聞、事件記録、裁判記録など。
まず心霊スポットについている噂では、一家殺人事件があったとなっている。
次に実際に起こったことなのか調べてみた。田舎ゆえ殺人事件などあれば大きく取り沙汰されるし、件数自体も少ない。
それはすぐに見つかった。
現実にあった事件なので詳細は割愛させて欲しい。が、事件が起こったのは2006年(適当)。

順序が噛み合わないし、噂での事件と新聞記事での事件は被害者も家族構成も犯人も違う。
でも場所は大体同じ。何故?凸レポートは事件前に書かれている。けど、2006年以前に目立った事件はそこでは起きていない。

卵が先か、鶏が先か、という話を思い出して夜中だったのもあり背筋が寒くなってその日はネットを閉じた。
地元を知る人間相手には鉄板ネタになってるけど、今でも不可解に思う。
これだけ情報を出せば地元の人間ならどこのことだか分かるだろうから、なにか情報があれば教えて下さい。

35: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 16:57:51.36 ID:9Di2b59l0.net
>>29が怖かったのは、
2005年まで殺人事件などなかったのに、
2002年にはすでにU殺と呼ばれる心霊スポットになっていたのが不可解だということなのかな?

39: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/03/08(日) 22:16:40.10 ID:+FHBnxvu0.net
>>29
熊本日日新聞で昭和57年ころに、そのあたりで殺人事件がなかったか聞いてみたら?

場所がわかってるんだよね?

今は廃墟?空き地かな?

たぶん、2004年の事件とは関係なく、何らかの事情があった家なんだと思う
廃屋になると、そうした噂は出るものだから、もしかしたら一家心中かもしれないし、夜逃げってことも有り得るよ

私の地元にもあったんだけど、廃屋が謂れは不明だか心霊スポット化して、ドキュソが集まって失火、焼失ってやつね
すごく昔の話だからアレだけど、なんで心霊スポットになったかの事情をちらっと知ってるもんで、もしかすると似たような話かもと推測してる



61: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/03/10(火) 06:00:56.25 ID:n/hQgxJJO.net
このスレであってるかわからんが…

昔暗い道でしゃがんで靴紐結んでたら「大丈夫ですか」って声をかけられた
具合が悪くてしゃがんでいると勘違いされたと思い
あわてて「大丈夫です」って言おうとしたが声が出ない

ようやっと声が出せたんだが「…大丈夫ですっ!!」って感じで変な言い方になってしまった

…という所で目が覚めた

んで数年後知り合った人が
「前に深夜歩いてたら道端にしゃがみこんでる奴がいて大丈夫ですかって声かけたんだけど
 大丈夫です!って怒った感じで言うんだよ…」
と話していた
ちなみに幽霊話として話していた

63: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/03/10(火) 09:16:53.57 ID:brWY7RKEO.net
>>61
あなたは夢だと思っていたら
実は幽体離脱していて、目撃されたのかしらね



122: 本当にあった怖い名無し 2015/03/19(木) 01:08:57.95 ID:jSIy8Dvfq
不思議な話を1つ思い出した。

子供の頃に母が脳の病気で倒れて入院した時の話。
母が入った病室が、看護婦さんたちの間では「必ず助かる病室」と言われていたらしく、そこで色んな不思議な事があった。

母が1人で病室にいると、ティンカーベルみたいな羽の生えた小さい人がよく現れた。
だから幻覚を見てるのかと思ったんだけど、ティッシュをとってとティンカーベルもどきにいうとティッシュを持って来てくれる。
ちゃんと手元に。他にもティンカーベルもどきは沢山いて、いつも部屋がキラキラしてたらしい。
おかしいと言われるのを覚悟で看護婦さんに言ってみたら、実は前の入院患者も同じことを言ってたらしい。

あとは、母の顔から金粉が出てきたw
大きくて2ミリ位までのが顔全体からキラキラと吹き出す感じに。
看護婦さんがびっくりしてたらしいw



146: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/03/24(火) 13:14:46.04 ID:3WUmd+tS0.net
体験ではないけど、不可解な話するぜ?

もう取り壊されたけど、実家の団地の話。
古い団地で見た目もちょっと怖かったんだが、その団地が立ってる一帯が昔炭鉱だったらしい。
で、嘘かホントか、うちの棟を建てるときに基礎を掘ったら、生き埋めになった人骨がたくさん出て来たそうだ。
そもそも、そんな基礎ぐらいの浅いところに鉱夫が生き埋めになるなんてことあるのか知らんが、夜になるとコツコツコツコツ、どこからともなく音がしてみんな「鉱夫の幽霊が石炭を掘ってる」って噂してたらしい。
子供には話さなかったのか、そんな噂全然聞いたことなかったが、このコツコツいう音は確かに子供のころに聞いたことある。

上の方の階の住人は、下の方で聞こえるっていうし、下の方の人は上からっていうんで、ある時、おじさんたちが何人かで夜中に音がどこから出てるか突き止めに出たらしい。
それでも結局、棟のどっかでコツコツなってるだけで上に行ったら下から、下に降りたら上からみたいな感じで結局突き止められなかったらしい。

147: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/03/24(火) 13:17:03.13 ID:3WUmd+tS0.net
そのうち、団地の一室で首つり自殺が起こった。
一人暮らしの中年の女の人で、詐欺商法か何かやってるって噂のあるちょっと変な人で、
周りと全然付き合いがない人だったらしいんだが、自殺騒動で警察が来るやらなんやらで
騒がしかったのは覚えている。
不思議と部屋の中はもぬけの殻というか全然ものがなくて、低いちゃぶ台にカップめんの
食べかすと金槌が一本のってるだけだったんだって。

で、それ以来、コツコツいう音もなくなったらしい。
うちの母の話では、だから、その人が金槌で何か叩いて音を出してたんだろうねえ、気味悪い
って話だったんだが、じゃあ、上から聞こえたり下から聞こえたりってのは、夜中に上行ったり
下行ったりして金槌で何か叩いてたってことか?みんなで音の出どころを突き止めようと出て来た
夜中は?さすがにそんなことしてればどっかの時点で見つかるだろ。

でも、頻繁に聞こえてたコツコツいう音はその自殺事件あたりでぱったりやんだんだってさ。



170: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/03/28(土) 15:59:30.04 ID:lV4IH+/P0.net
小3の時、畳の六畳間で一人で留守番してた時のこと。
縁側から着物きたばあちゃんが来て、
隣の部屋に掃除機をかけて欲しいと頼んできた。
ばあちゃんが俺に頼み事をするなんて珍しかったから、なんか張り切っちゃって任せて!とか言って掃除機を受け取った。
そんでふすま開けて隣の仏間に掃除機をかけた。ばあちゃんは縁側で、俺がおどけて手を振ったりケツを振るのを見てニコニコしてた。
嬉しくなった俺はホースにまたがり
「いぇぇぇい!おれ、ばあちゃんの孫!○○隊員飛びます!ぶいーん!」ってぴょんぴょん飛んだらばあちゃんツボにはまったらしく口開けて笑いだした。
その時口の中が見えたんだけど歯が一本もなかった。
笑い方もこうグワッと頬をあげて無い歯を剥き出しにするような感じでちょっとぎょっとした。
でも入れ歯をはめ忘れたんだな、きっちり化粧してお出かけ用の着物も着てるのにおっちょこちょいだなと思った。

171: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/03/28(土) 16:01:20.72 ID:lV4IH+/P0.net
そしたらチャイムがなったからばあちゃん残して鍵開けに行った。
帰宅した母さんに言われ荷物を下ろすために車に向かうとばあちゃんが車からでてきた。
しかも着物じゃなかった。でもたしかに縁側にいたから、ばあちゃん足速すぎ、着物はどうしたの?って聞いたら、なんのこと?今日は着物なんて着てないよという。
俺に掃除機を頼んでもいないらしい。
あげく大丈夫かこの孫、みたいな目で見られて自信が無くなったとこで、
母さんがうたた寝して夢でも見たんでしょということで片付けた。仏間にはコード伸びっぱなしの掃除機があったから釈然としなかったけども。

次の日、ちょっとした騒ぎがあった。
ずっと疎遠にしてた親戚一家がいきなり尋ねてきて仏壇にお線香をあげていった。
ほとんど音信不通に近かった親戚だったらしくみんな無事を喜び近くの親戚も呼んで宴会になった。
あとばあちゃんは部分入れ歯だった。

172: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/03/28(土) 19:28:26.18 ID:lsZwqrYQO.net
>>171
ばあちゃんそっくりのご先祖様が、不意の来客を知らせてくれたんだね
おどけながらも掃除機かけた、あなたは偉い!

173: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/03/28(土) 22:59:26.14 ID:l7ciniub0.net
>>171
きっとすごくきちんとした礼儀正しい人だったんだろうな
お客さんが来るんだから掃除して無礼がないようにしたんだろう
それか子孫と遊びたかったのかなwww



183: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/03/30(月) 13:24:27.64 ID:SuJRdWpo0.net
平日昼間だけど誰かいるかな
不可解というか、なんというかふと思い出したんで誰か聞いてくれ
怖い話じゃないので申し訳ないのだけれど
初めてだし、思い出し思い出しでうろ覚えなので、説明不十分な部分があったらごめん

小学校のころ、母親の実家に遊びに行った時のこと
そこは田んぼが延々と続いてる場所を抜けて、山の中にある典型的な田舎
周囲の野山が祖母家の土地みたいな感じなので、いつも遊びにいくとその辺で遊んでた
その日も母親と兄弟といっしょに遊びに行って
自分はひとりで裏の田んぼと小川(あぜ道にある堰みたいな)に遊びに出た
いつもは時々様子を見に来る母親とか祖母が迎えに来るまで近くで遊ぶんだけど
その日はちょっと遠くまで行ってみようと思って山のほうに行った

184: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/03/30(月) 13:25:12.45 ID:SuJRdWpo0.net
山の上には寺があるのを知ってたので頂点は避けてぶらぶら脇道を上る
すると、石段と土が混じった道の上に、なにか動物がいることに気が付いた
びっくりして足を止めて伺うと、それは犬だった、毛がつるっとした、大きな犬
自分は犬が大の苦手で、正体がわかると恐怖のあまり動けなくなってしまった
道の真ん中で、涎を垂らし舌をだして短く息を吐いてる犬がぐるぐるとまわっている
怖かった、本当に怖かった、すごく怖かった
動くと噛まれる、と思うと逃げられない(いまから考えるとそんなわけないんだけどさ)
足がすくんで動けずにじっとしていたんだけど、その内あることに気が付いた
犬はこちらに気が付いてるのに、近寄って来ないのだ

185: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/03/30(月) 13:25:41.45 ID:SuJRdWpo0.net
逃げられるかも、と思ってそろそろと下がろうとしたら、後ろになにか気配がする
ぎょっとして思わず振り返ったら、知らない男の人がぬっと立っていた
どこから来た、足音がしなかった、誰だこいつは、と色んなことに仰天して
パニックになり泣きそうになったら、その人はにこっと笑って
「○○(自分の名前)ちゃんか」と聞く
一瞬知り合いなのかと思ったけど、警戒して黙って様子を伺った
やっぱり見覚えがない、年のころはよくわからなかったけど、ずいぶん色の白い人だと思った
手ぶらで、服装は白いシャツかなにかだったような気がする、よく覚えてない
男の人は応えない自分にも気を悪くしたような様子もなく、にこにこしている

その時また犬の事を思い出して、パッとまた正面を向いたら、犬はまだいる
どうしていいのかわからなくなって半べそをかいたら
「おかないのか(怖いのか)」とさらに男の人の声が降ってくる
頷いて、後ろを見上げると、その人は犬を睨んでいた
そして何だかよくわからないこと(多分犬に対する罵り言葉)を呟くと
「こっちさおいで」と自分の肩をやんわり押して歩くように促された
犬が気になって歩きながら振り向くと、犬は同じところをぐるぐる回っていた
何度か振り向いたけど、同じところをずっと、ぐるぐるぐるぐる、回っていた

186: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/03/30(月) 13:27:30.02 ID:SuJRdWpo0.net
助けてもらったせいもあって、男の人に対する警戒は大分薄らいだ
家まで送ってくれるというので、ついていくことにした
いい人そうに見えたのと、「おがたなー(大きくなったね)」と言われたので
自分が知らないだけで、近所の人かもしれないと思ったのだった
それでもちょっとは怖い気もしたのだけれど、体に触ってくるわけでもないし
しかもその人は、自分の学校の事や、家の様子なんかを聞いてきて
他愛のない話でも、嬉しそうに聞いてくれたので、まんざら悪い気分でもなかった

しかし、連れだって歩くうちにふと見覚えのない道を歩いていることに気が付いた
自分は一本道をまっすぐ登って山に入って横道に入ったので、一回まがって下るだけでいいはず
でも、山を下る時も、そのあとも道を曲がらず、いつの間にか全然知らない道を歩いている
いつものあぜ道も、田んぼも見えない、木陰のある山道ばかり
「こっちでいいの?」と聞いたら「いいんだよ」と言う
不安になってあちこちを見ると、白やピンクの花が咲いている、夏なのに変だなと思った
花の事を言うと「○○ちゃんはどの花が好きなのや?」と言われたので「はなもも」と答えた
小学校のクラスのテーマの植物で、世話をしたことがあったからね
すると男の人は、「はなももはないがなー」と朗らかに笑っている
そして、しばらく歩くと男の人は立ち止まって、「着いたよ」と道の前を指さした
木立の蔭が途切れて、土が切れた向こうに、火に照らされたアスファルトが見えた
手を振る男の人に礼を言って別れると、そこは家の裏の道だった

187: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/03/30(月) 13:28:04.41 ID:SuJRdWpo0.net
そのあと、家に戻って母親と祖母にこれこれこういう人がいた
という話をしたら、心当たりがないらしい
近所にも親戚にもそんな人はいない、なんだろうってことになって
その後、しばらくそこでは危ないかもしれないからと、一人で出歩くことに制限が付いてしまった
その男の人は、自分や、うちの家族の事を知っているような口ぶりだったので不思議だった
加えて、その後別の機会に連れだって歩いた道を探したんだけど、同じような道が見つからなくて
今見ても、山道から家の裏に出る道もないんだよね、これはうろ覚えだから勘違いなのかもしれないけど

だらだら書いた割に、要は知らない人に会って助けてもらったって、それだけなんだけど
その後同じ人に会わなかったのと、夏なのに花が咲いてたのが印象的で
ふと思い出したので投下、お粗末ですみません


スポンサーリンク