a0002_011455_m

関連記事
後味の悪い話 「テレビ業界の話」
後味の悪い話 「ソハの地下水道」
後味の悪い話 「沖縄戦」
後味の悪い話 「ひなちゃん」
後味の悪い話 「GTA4」


引用元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1448078301/
 

オススメ記事


493: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/16(水) 03:43:55.58 ID:aCL/zGmR0.net
こないだ後味悪かった話。


うちの会社のとある部署で稼ぎ頭だった二人が相次いで退社

もともと仲良かった二人なので、「先にやめたA(女)が次にやめたB(男)を唆した!!」と残った同部署の奴らが騒ぐ

まあAは難病になって仕事続けられない、Bはアップグレード転職と別の理由だったんだけど

自分たちが引き継いでクライアントに「Aの方がよかった」とか言われると「あいつ(ら)のせいで!!」みたいに発狂しまくっていた
まあ元々A、Bで持ってたみたいな部署だったし実力以上の仕事任されるようになって可哀想ではあった


その後、町中で偶然Bに遭遇した 憔悴しきってた
事情を聞くと、兼ねてからBはAのことが好きで(これはなんか見てればわかった)仕事辞めてからAに告白して付き合ってたらしいんだけど、病状が悪化してもう助からないらしい
最近はほぼ意識なくて、週一で起きるか起きないかくらいだと
医者には「過労レベルで働き続けたせい」って言われたらしい
もうちょっとはやく病院行ってたら助かってたらしいんだけど、ちょうど繁忙期が重なってたとかもあってほぼ放置してたって。


その話聞いてから会社で何も知らずにABを叩いてるやつら見ると気分悪いし
でも事情説明しても付き合ってるっていうあたりでまた発狂しそうだし
確かにうちの会社ブラック(月に休み3日+残業週に25時間越え+残業代なし)なうえ部署の仲間は無能だからAの仕事多くて、こいつらも立派に一因じゃん…とか思ってすごいモヤモヤした
直接なんかしたわけじゃないからムカついてそんな風に思えるだけかもしれんけど

494: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/16(水) 06:11:26.90 ID:AFSnee0/0.net
ブラックだねぇ…
Aさんは会社訴えられるレベルなんじゃないの?

495: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/16(水) 10:31:36.62 ID:98iICZdQ0.net
>>494
気弱な子だったから健康でも訴えなかったかも
多分そこをつけ込まれてたのかな
いい子だったけど不満とか悪口とか皆言っててもそれを否定する感じだったから嫌われたのかも、あいつうぜえとかって

さっき喫煙室行ったらいつもの叩きに下ネタ入っててもうね…やりきれんわ



534: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/19(土) 18:08:26.47 ID:IV5Fwn8+0.net
札幌丘珠事件
明治11年のある冬、札幌郊外の山中で、猟師が冬眠中のクマを見つけ、
狩ろうとするが失敗。理不尽に冬眠からたたき起こされたクマは逆上して
猟師を返り討ちにし、空腹のまま市街地を駆け抜けた。札幌警察署は
駆除隊を編成しクマを追跡するが、猛吹雪によって見失ってしまう。

駆除隊の追跡を振り切ったクマは丘珠村にたどり着き、人家を襲った。
人家といっても開拓民の暮らす簡素な小屋で、クマの襲撃にはひとたまりもなかった。
クマはまず、異変に気付いて筵の戸を開けた男を昏倒させた。家のなかにいた
男の妻は、とっさに幼い長男を抱いて逃げようとしたが、頭に爪の一撃を食らい、
子どもを取り落としてしまう。妻は頭皮をはがされるほどの重傷を負いながらも
村民に助けを求めたが、その間に男と長男はクマに食い殺されてしまった。

その翌日、クマは駆除隊によって射殺された。
射殺された後のクマの躯は、札幌農学校に運び込まれ、教授の指導のもと
学生たちによって解剖されることになった。解剖実習の最中、二、三人の学生が
教授の目をぬすんでクマの肉を切り取り、休憩時間にこっそりと火であぶって、
醤油をつけたりして食った。「クマの肉はくさい、かたい」などと言いながら。
休憩時間が終わり、ふたたび解剖が始まったとき、ある学生がふくらんでいる
大きな胃袋に目を付け、力任せに切り開いた。中からは内容物がどろどろと
流れ出した。赤ん坊の頭巾や腕、女の髪。学生はみな叫び声をあげて飛びのき、
休憩時間にクマの肉を食らった学生たちは一散に屋外へ走り、のどに指を
突っ込んでクマの肉を必死で吐き出したという。

この話で唯一後味のいい点は、夫と長男を一時に喪い、さらには重傷を負って
長い入院を余儀なくされた妻を行政が不憫に思い、彼女が再婚するまで
扶助していたというところ。



554: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/20(日) 20:02:36.98 ID:DwAcjY/Y0.net
ひかりごけっていう小説

ひかりごけ事件と呼ばれる、ある船の船長が遭難したときに、同じく遭難して
さきに死んだ船員の肉を食べて生き延びたという事件を題材にしているんだが、
作者は生き延びた船長に接触するでもなく、周囲でささやかれていた、「あいつは
殺していないと言ったらしいが、やっぱり殺して食ったんじゃないのか」というような
うわさをもとにして小説を書いた。
内容としては、船長が虎視眈々と船員たちを食べることを狙って殺して食べたとか、
「自分が死んでも食わないでほしい」と頼んで死んだ船員の肉を食うとかいうものが
含まれる。この小説が発表されると、「やっぱり殺して食ったっていううわさは本当なんだ」と
信じられるようになった。当の船長は、人肉食のことを深く悔いていたため、反論したところで
食ったのはたしかだと決して弁明や反論を行わなかった。

作家はなに考えて執筆したんだ



558: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/21(月) 00:21:14.01 ID:7jZZ1KJF0.net
実際にあった話なのでフェイク入れつつ。

あるところに仲のいい夫婦がいたんだが姑がキチ。
息子を取られた腹いせに奥さんにオカルト本などで仕入れたうさんくさい呪いをかけるなどしていた。
そのうち奥さんに乳がんが見つかり、あっという間に鬼籍に…。
奥さんの死後姑の部屋から呪いに使った道具などが多数発見され、息子ブチギレ。
怒りに任せて姑をボコボコにしてしまい、打ちどころが悪かったのか姑は要介護に。
息子は現在服役中、姑の介護は妹がやっている。

実話なのでより胸糞が悪く、ほぼ無関係だった妹が介護してて家族崩壊、しかも呪いだけに本当に姑のせいで死んだのか確証がないあたり後味悪いな…と。
まぁこの姑は自業自得というか、これまでの行いが鬼畜の所業だったので胸も痛まないんだけど子供の人生狂いまくってるのと、舅もいるんだけど我関せずで今も異様なほど普通に暮らしてるのがなんとも…



583: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/21(月) 20:25:38.32 ID:WWya3D5B0.net
ヘリオス航空522便墜落事故は個人的に後味悪かった

ある飛行機が離陸前の整備時に与圧システムをマニュアルにしたままだったことに
整備士が気づかず、操縦士たちも気づかないまま離陸してしまい、上空で酸素不足に陥って
乗員乗客ほぼ全員が意識を失い、自動操縦でギリシャのアテネにまで達してしまう
しかし操縦士がいないのでひたすら上空を旋回するだけ

そんな中、機内で唯一意識を保っていたある客室乗務員(ダイバー経験あり、
特殊部隊経験あり、パイロット志望で事業用操縦士の資格もある)が、予備の
酸素マスクや酸素ボトルを駆使してコックピットに乗り込み、なんとか操縦しようと
するんだが、コックピットの扉には暗号があってそれを開けるのに手間取り、
なんとか操縦しようとしたところで両翼のエンジンが止まり、不時着させるには
燃料も酸素も足りず(そもそも彼にはこの事故を起こした飛行機を操縦する技能も
なかった)、このままでは市街地に墜落しかねない状態
ギリシャ政府は市街地墜落を避けるために撃墜命令を出す態勢だった
しかし、この彼が操縦桿を切って山岳地帯に向かって墜落させたため、被害は
乗員乗客だけで済んだ

この客室乗務員の男性のスペックが高すぎて、漫画かよってくらいなのに、
それでも助からなかったってところが個人的に後味悪かった
英雄的で勇敢な努力をしたし、そのおかげで助かった人は数えきれないんだろうけど、
その分低酸素ですぐ意識不明になった人たちより多くの恐怖や絶望を
味わったんだろうな…ってのが



626: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/23(水) 18:28:53.16 ID:+0pgg7dc0.net
実家の近所に大金持ちのお宅があって
男性が一人で住んでいた
私が実家にいた18歳の時、まだ40代だったけど
見た目が70代くらいに見えてた
働いておらず、一日中女性の人形を作っていた
等身大で目がガラスか何かで綺麗で、体中の関節が動くやつ
時々庭にテーブルを出して、そこに人形と向き合って座って髪をとかしたり話しかけたりしていた
大人になって知ったが、彼は奥さんを亡くしていて、その奥さんの人形を作り続けていた
新しい人形が出来ると、古い方は壊して目を取り出して新しい人形にはめる
その作業を40年近く続けていた
人形を一体作り上げるのにかかる時間は一年から二年だった
人形が20体目を数える頃気が付いたが、人形のお腹は膨らんでいた
亡くなった時、奥さんはお腹に赤ちゃんが居たそうだ
奥さんの死因は、旦那さんから移った水疱瘡だったらしい
人形のお腹が臨月くらいになったある日、旦那さんは自殺した
親族はおらず、顧問弁護士が遺言に従い人形とともに埋葬したって聞いた



676: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/25(金) 17:09:48.87 ID:fu/myQAn0.net
グリム童話「子供たちが屠殺ごっこをした話」

父親が食用のために豚を屠殺する様を見た兄弟
父親の真似をして"屠殺ごっこ"を始め、"屠殺屋"役の兄が"豚"役の弟の喉をナイフで刺して殺してしまった
まだ赤ん坊の末子を風呂に入れていた母親は、弟の悲鳴を聞いて駆け付けると激情にかられ、弟の喉に刺さっていたナイフで兄の心臓を刺して殺した
更に、そうして目を離した隙に末子が浴槽で溺れ死んでしまったのに気付き、母親は悲しみのあまり首を吊って死んだ
しばらくして畑仕事から戻って来た父親はこれらの惨劇を目の当たりにし、あまりの衝撃に気が狂って間もなく死んでしまった
結局、その家族は誰一人生き残らなかった

677: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/25(金) 17:52:29.69 ID:lJ64Bbxl0.net
闇のピタゴラスイッチ…

同じグリムに似た話あるよね
グリムは地方童話を集めたものだから地域による別バージョンかもしれんけど
そっちはピタゴラは発生せずに子供が豚役の子供(not兄弟)を殺したところで被害は止まり
町長だか神父だかによってその子供の裁判が行われ
「金貨かリンゴかを選ばせる、金貨をとったら金銭価値が理解できる程度に大人だから罰する
リンゴをとったらまだ純真な子供で悪意はなかったから許す」って事になり
その子がリンゴを選んだので罰せられませんでした、で終わってるけど
自分の子供を殺された上に相手の子供が罰を受けなかった親はたまったもんじゃなかったろうな


スポンサーリンク