黒い鏡

事件事故、健康関連、職業ネタなどを中心に、その他私が興味を持ったモノ(主にネガティブな話題)をまとめていきたいと思います。

    その他

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/11/27(金) 21:04:48.01 ID:NTI6/jcp0
    高校生ワイ『ふざけんな!』←弁当箱投げつける

    お母さん『…ごめんね…(小声)』


    死ぬほど後悔してる
    朝早く起きて仕事行く前に毎朝弁当作ってくれてたのに…

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1606478688/

    【高校生ワイ『お前さぁ…弁当もろくに作れねぇのかよ!茶色いって笑われたぞ!』お母さん『ごめんね…』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/11/24(火) 23:09:02.97 ID:JboHWUmE0
    冬場だと夜中コンビニ行くのも寒いから辛かったわ

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1606226942/

    【小学生ワイ「夜中トイレ行きたいけど家の使うとお母さんに怒られるからなぁ...」窓カラカラ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/10/16(金) 14:47:12.88 ID:kjHE7Wonp
    タイムリミットに怯える!44歳・婚活漂流

    都内OLの佐伯悦子さん(仮名・44歳)も婚活に挑んでいるが、「年々相手にされないのがわかる」と苦しんでいる一人だ。
    「20代の頃は彼氏もいましたが、お互い非正規雇用の低賃金で、家庭を持つことを考えられなくて、破局してしまいました。仕事に生きてきましたが、35歳を過ぎたあたりから親も『いい加減に結婚したら?』と口うるさく言い始めて……」

    重い腰を上げて一般的な婚活パーティに参加すれば、「年齢」がネックで相手にされなかったという。35歳を過ぎた女性は、あからさまに“対象外”の扱いをされると嘆く。
    40代以降限定のパーティでは、今度は「売れ残りの変な男しかいない」というジレンマに苛まれる。
    「自分も“売れ残り”なのは重々承知です。『理想が高いんでしょ?』なんて言われるけど、私自身は、年収400万~500万円程度で“普通”の男性がいい。でも、それすら高望みなのかな……」

    借金をしてまで100万円のエステに通い、高額な美顔器も購入した。結婚するために、必死の覚悟で美容グッズを買い漁っているが結果にはつながらない。
    「綺麗になってもダメなら、何をすればいいのでしょうか」

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1602827232/

    【44歳婚活女子「タイムリミットが迫っています…でも低収入の変な男しか寄ってこない…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/11/24(火) 16:11:37.99 ID:IIrg7V+Ra
    想定外や

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1606201897/


    【【悲報】木造アパート2階ワイ、下の階から声が聞こえて泣く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title

    1: 名無しさん 2020/11/16(月) 16:16:24.89 ID:V96wh8CsM
    公園

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1605510984/

    【自宅の隣りにあったら最悪な施設といえば】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/11/21(土) 20:43:27.93 ID:utMCNNOXa
    佳恵は、ここ3カ月、お見合いを休んでいた。友達に誘われて参加した合コンで出会った拓也(41)と付き合っていたからだ。
    その佳恵が、「またお見合いを再開したい」と連絡を入れてきた。
    私は拓也に会ったことがないのだが、佳恵から見せられたツーショットの写真に写る拓也は、佐々木蔵之介似のキリリとしたハンサムだ。
    身長も、162センチの佳恵より頭ひとつ大きい。外資系の大手企業に勤めているというのだが、勤め先を偽っていなければ、年収は軽く1000万円を超えているはずだ。
    つまり、婚活中のアラフォー女性にとって、 “結婚するには申し分のない相手”だった。
    「“結婚を前提にお付き合いしたい”と言われたので、しばらくは彼と真剣に向き合ってみようと思います」
    “お見合いをしばらく休みたい”と、連絡を入れてきたときの佳恵の声は弾んでいた。それなのに、この3カ月のうちに何があったのだろうか。
    http://toyokeizai.net/articles/-/174219?page=2

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1605959007/

    【婚活女子(38)「おごらない男多すぎ!婚活市場にはゴミみたいな余り物しかいない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/11/14(土) 09:41:48.16 ID:iXhSAT0Z0
    ワイは好きやで
    ノスタルジックな雰囲気がある

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1605314508/

    【バカ「電柱なくせ!電線が景観の邪魔!」←これ】の続きを読む

    このページのトップヘ