黒い鏡

事件事故、健康関連、職業ネタなどを中心に、その他私が興味を持ったモノ(主にネガティブな話題)をまとめていきたいと思います。

    オカルト全般

    nr_001

    1: 名無しさん 19/07/05(金)18:16:44 ID:lhB
    今年の1月に母ちゃんが他界して、ずっとそんなことばかり考えてる
    死後も意識は継続してると思いたいんだけど、どうなんでしょうか?

    死後や来世に関する本はかなり読みましたが、ほとんど信用できないで困ってます

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1562318204/

    【死後の世界や来世って本当にあるの?】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/08/29(木) 03:40:45.88 ID:5TXMhTgE0
    「東京オリンピックが行われる2020年ころ、極めて高い確率で首都直下地震が起きることが想定されます」

    「2020年首都直下地震説」 衝撃データを公開中

    6月中旬、京都大学の履修登録者数トップクラスを誇る大人気講義で、衝撃的な地震データを教えている教授がいた。
    軽く300人は入れそうな階段教室に集まった学生たちは、彼の顔を見つめ、その言葉に真剣に聞き入っている。

    講義を行っているのは、京都大学大学院人間・環境学研究科の鎌田浩毅(ひろき)教授(63)。本誌は彼の授業に潜入し、「2020年首都直下地震説」の根拠を聞いた。

    「’11年の東日本大震災以降、日本列島の地下にあるプレートのあちこちに歪みが生じ、その歪みを解消しようと地震が頻発しています。震災以前に比べ、地震は約3倍に増えており、日本は言わば、『大地変動の時代』に入っているのです」

    今と同じ『大地変動の時代』は平安時代にも訪れたことがあるという。

    「869年、東日本大震災と同じ震源域で貞観(じょうがん)地震という巨大地震が発生し、その後、日本全国で地震が頻発しています。9年後の878年にはM7.4の内陸直下地震(相模・武蔵地震)も起きている。これを現在に置き換え、’11年の9年後はいつかと考えると、来年の’20年になるわけです」

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1567017645/

    【【悲報】京大教授が警告!極めて高い確率で2020年に首都直下地震が起きる 】の続きを読む

    このページのトップヘ